粗品とは?

<粗品とは>

好印象の粗品を用意しよう!

粗品は、企業においてノベルティや販促品と似たものとして捉えられることもあります。その粗品が、ノベルティや販促品と違う点は、挨拶やお礼という「気持ち」が色濃い点です。他の二つは、どちらかというと企業の宣伝・広告の意味が強く出ます。

○粗品で感謝の気持ちを伝える

粗品は、成約してくださったお客様に感謝の気持ちを伝える役割があります。この場合は、粗品といえどもそれなりの品格のあるものがおすすめです。「商品を買ったら予想外に良いものをもらった」というお得感をお客様に与えることで、企業イメージアップにつながります。反対に、見劣りするものにしてしまうとケチ臭い印象になり、「経営が苦しいのかな」と余計な勘繰りを生じてしまいイメージがダウンしてしまいます。センスが疑われるものもよくありません。感謝の気持ちを伝えるには、ちょっと良いものを選んでみるのがポイントです。

○挨拶粗品は礼節わきまえて

粗品は、引越しや移転など挨拶の意味合いでも配られます。挨拶粗品として定番品のタオルは、受け取ったことがある方も多いことでしょう。この場合の粗品は「よろしくお願いします」という気持ちを込めたものですので、それなりの礼節をわきまえたものにしましょう。

派手なもの、もらって気を遣う高価なものを避け、使いやすく節度のあるものにします。引越し粗品では、タブーとされている火に関するものを避けるなど配慮が必要です。ケースに応じてのしをかけて、きちっと感を出すのもポイントです。

○宣伝は控えめに

企業が粗品を配る場合、何らかのアピールにつながらないと意味がありません。しかし、派手に社名や商品名を入れると逆効果になってしまう場合があります。目立つ社名などがついたものは、宣伝効果を狙ったものと強調しているようで、お客様に気持ちが伝わりにくくなります。粗品として用意する場合は、節度のある宣伝を心がけるのがコツです。

販促品プラザ・Facebook
販促品プラザ・Twitter
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。