明日からすぐに使える防犯対策と防犯グッズ

「声掛け」「つきまとい」「痴漢」「盗撮」など子供や女性を狙った犯罪が増えています。そうした犯罪は、大きな事件に発展する前に、警察に相談することが大切ですが、常日ごろから防犯対策を心掛け、未然に防ぐという心構えも必要です。ここでは、そんな子供と女性の防犯について紹介していくことにしましょう。ぜひご自身やご家族の防犯に役立ててくださいね。

「もしかしたら、犯罪に巻き込まれるかも」と言う意識が大切!
犯罪はいつどこで起こるかわかりません。「夜一人で歩くことが少ないから、私は大丈夫だろう」「学校から、家まで近いから、うちの子には関係ない」と思っているなら、大きな間違いです。犯罪は、昼の明るい時間帯にも、学校からわずか500mの地点でも発生しており、決して他人事ではないのです。多くの人が歩いている街中でも、オートロックのマンションでも犯罪は発生しています。周囲への警戒を怠ることなく、日ごろから防犯への意識を持っておくようにしましょう。

すぐできる防犯対策とは?
犯罪は予期できません。だからこそ、いざという時のために、常日頃から防犯対策をしておくことが大切です。いつ合うか分からない犯罪のために、どんな防犯対策が必要になってくるのでしょうか?まずは危険な場所、犯罪を回避できる行動を知ることから始めてみましょう。

外出時の共通の注意点
・夜間の外出や一人歩きはやめましょう。下校時刻、公園などに遊びに行く時間帯、塾や習い事の 多い平日、夜の帰宅時には特に注意しましょう。
・遅い時間帯、一人になる可能性のある時は、迎えやタクシーを利用しましょう。
・明るく、見通しの良い、人通りの多い道を歩くようにしましょう。
・いざという時、逃げ込める場所を常に把握しておきましょう。
・歩きながら、携帯やスマートフォンの操作に夢中になることはやめましょう。
・知らない人に声をかけられたら、すぐに逃げるようにしましょう。

電車では?
・女性専用車両を利用しましょう。
・出入口に立って乗ることは避けましょう。
・混雑していない、空いている車両に乗るようにしましょう。
・途中で乗る位置を変えたり、車両を移動するようにしましょう。
・不審者を見かけたら、大きな声で助けを呼びましょう。
エレベーターでは?
・顔見知りの相手でも、二人きりの利用は避けましょう。
・壁側を背に立てる場所に乗りましょう。
・ボタンを押せる場所に乗りましょう。
自宅付近では?
・駐輪場、駐車場、階段の踊り場など一人になりがちな場所に注意しましょう。
・知らない人がいないか、怪しい人が潜んでないか注意を払いましょう。
・帰宅したときは、たとえ一人でも「ただいま」と言いながら家に入るようにしましょう。

家にいる時、共通の注意点
・窓や出入り口は必ず施錠しておきましょう。家に入ったらすぐに鍵をかける習慣を身に着けておきましょう。
・家のカギは1ドアにつき2つ付けるようにしましょう。
・宅配便、訪問者が来た時には、インターフォンのモニター画面、ドアスコープ、ドアチェーンの活用を徹底しましょう。
・個人情報の流出を避けるようにしましょう。
・一人で住んでいる、留守番していることが分からないよう、いくつかの部屋に電気をつけておいたり、表札をあげない、洗濯物などにも注意しましょう。
・暑い日でもエアコンを利用し、一人の時には窓を開けないようにしましょう。

もし被害にあったら?
怪しい人物を見かけたり、付きまとわれているなど不審な行動に気づいたら、すぐに110番に通報しましょう。また、大声を出したり、自分のバッグや傘などを振り回して逃げることも大切です。できることであれば、防犯に役立つグッズをもって置くと良いでしょう。
いざという時、役に立つ!防犯対策アイテムとは?
いざ被害に遭遇したとき、大声を出したり、逃げることも大切ですが、防犯グッズを活用することも有効な手段です。防犯グッズは持っているとアピールすることで、犯罪を未然に防ぐ効果もあります。ここではそんな防犯のための安心・安全グッズとその利用の注意点について見ていくことにしましょう。
防犯に役立つ安心・安全グッズとは?
防犯に役立つ安心・安全グッズには以下のようなものがあります。
外出時などには、特に忘れることなく持ち歩くことが大切です。

・ホイッスル

口で吹いて大きな音を出すことができる笛です。大きな音が鳴るというよりも、音が高く遠くにまで届くものを選ぶとより良いと言われています。電池が必要ないという点も嬉しいポイントです。

・防犯ベル(ブザー)

スイッチを入れることで大きな音を出す装置です。簡単にスイッチを切り、音を消すことができないようなタイプのものがいざという時、身を守る効果が高いと言われています。

・携帯ライト

暗い道を歩くとき、やはり携帯式のライトは役に立ちます。潜んでいる怪しい人を見つけやすくしてくれたり、周りの人に自分がいることを知らせることができるため、防犯のためのグッズの一つと言えるでしょう。

・反射板

自転車や暗い道で自分の居場所を周りの方に知らせることは、防犯対策になります。交通事故防止にもつながりますので、身に着けておきたい防犯アイテムです。

家にいる時、共通の注意点
「備えあれば憂いなし」の防犯グッズですが、持っているだけではいざという時に身を守ってくれないことも・・・。
防犯グッズ使用時の注意点について見てみましょう。

・必ず見える場所に携帯しておくことが大切。

防犯グッズは犯罪をしようと考えている人に見せてアピールすることが大切です。リスクがあると分かれば、危険を冒してまで襲ってくることはありません。対策の一つとして見える位置に、分かる位置につけておくことを心掛けましょう。
キーホルダーやネックストラップなどで見える位置に携帯しておけるものを選ぶと良いでしょう。

・いつでも使えること。

防犯ベル、ブザー、携帯ライトなどは電池が切れていて使えないことがあります。いざという時、役に立たなくては、携帯している意味もありません。電池があるか、十分な音がするかなどは定期的にチェックしておくことが大切です。常に使うことのできる状態にしておきましょう。

ノベルティーにも安心・安全グッズを
こうした安心・安全のための防犯グッズは「用意しておきたい」「携帯したい」とは思っても、自分でお金を出してまで購入するという方は、そう多くはありません。食材を買いには出かけても、防犯グッズを買うために店舗まで足を運ぶという方は少ないもの。だからこそ、ノベルティーグッズとして活用してみる価値があります。女性や子供、その家族をターゲットとして配るのであれば、効果も十二分に期待できる商品です。「どんなノベルティーが良いのか?」「喜んでもらえる販促品を」とお考えであれば、ぜひ安心・安全に役立つ防犯グッズを選んでみるのはいかがでしょうか?
防災グッズ人気ランキング ベスト5
防災・安全安心グッズの全てを見る